ひとりよがりの気持ちは大回転

TEAM NACSファンです。いろんな扉をバーン!してます。

北海道旅行(3日目 室蘭)

 

朝10時すぎに東室蘭から室蘭までJRで。

f:id:rabitn:20170722164841j:image

うわー、わたし室蘭、来ちゃった!あの室蘭、来ちゃった!ひとりだから言葉にも顔にも出せないけど心の中で大興奮!

 

 エッセイは読み直してきたので予習はバッチリ。

北海道室蘭市本町一丁目四十六番地 (幻冬舎文庫)

 

でも安田さんをたどる前に室蘭駅前にある港の文学館へ。

港の文学館 | おっと!むろらん -[公式]室蘭観光情報サイト-

 

(室蘭、この観光案内用サイトもスマホ対応で見やすくできてて、街中に貼ってある観光ポスターもおしゃれで、もっと観光しに行ってーーーって思った。アジア系の観光客もいたし訪れる人も少なくはないと思うんだけど、ガイドブックでも室蘭あんまり載ってないし、もっと魅力が知られてほしいなあ…)

 

好きな作家の長嶋有さん、中高生のときに室蘭に住んでいたようで(小説やエッセイで室蘭とか小学生のときに住んでた登別の描写が出てくる)、この文学館に展示があると知り見にいった。思ったより展示物が多く、小学校1、2年生のときの学級だよりもあって(作文がとてもうまい)、じーっくり読み込む。読んでて次々と衝撃が。

 

衝撃1:長嶋有さんってペンネームだとずっと思ってたんだけど本名だった。本当に「有くん」なんだ。(この前、長嶋さんと歌人穂村弘さんのトークショーに行って穂村さんが「有くん」って呼んでたことにキュンとしてて、そのキュンが時差増し。)

衝撃2:長嶋さんの出身中学が港南中学校。安田さんも同じだよね。もしかして同窓生???

衝撃3:長嶋さんが室蘭で住んでいたのは、安田さんのエッセイで出てくるバス停「絵鞆団地」もしかしてご近所???

 

長嶋さんが1972年生まれで、安田さんの1つ上、安田お兄さんの1つ下、面識ないのかなあ。お互い知っている的な話を読んだことないんだけど、どこかに載っているのかなあ。すっごく気になる!!

 

長嶋さんの小説って、日常生活で当たり前にあって普段スルーしちゃうような物、人の仕草、現象を取り上げて「あるある」って思うところが面白いんだけど、それもただの「あるある」じゃなくてそこから気持ちの奥の方をギューって掴みかかってくるのだよ(しかも強めに)。安田さんの文章は、事柄は日ごろの何気ないことなのに色々思い出してちょっと苦しくなったり嬉しくなったり。その気持ちの動かされ方が似てるなーって思ってた。まさか、こう繋がるとは…。衝撃以外の言葉が無いわ…。心の中があわあわしてた…。

動揺しながらも、長嶋有ガチャガチャをやって

f:id:rabitn:20170723132159j:image

缶バッチかわいい。付いてたプチコラムが室蘭の話題でふむふむとなる。

 

文学館を出たら徒歩で観光案内所になってる旧室蘭駅舎へ。

f:id:rabitn:20170723132341j:image

安田さんが地元にいるときは、こっちが駅だったんだね。

 

エッセイの表紙写真になってる水族館を目指して、観光案内所前のバス停から絵鞆団地経由のバスに乗る(バスの時間までちょっとあったからお昼ごはんにお蕎麦を食べた)。エッセイに登場するバス停も、暑さ寒さしのぎに入ったという黄色いプレハブもちゃんと確認!(写真は撮ってない…) 高校生までの安田さんは、この目線で眺めていたんだなあ、何が見えてたのかなあ、何を思ってたんだろうなあ、なんてことを考えながらの乗車は楽しくて嬉しくてここまで来てよかったー。

終点の「みたら・水族館」に着いたら、もうそこは海、そして水族館。でも、また暑さにめげて水族館には入らず。外から小さな観覧車だけでも撮っておいたらよかったかな。(今はストリートビューで何でも見えるから、写真はいいかなーって思ってしまった)

 

f:id:rabitn:20170723135157j:image

水族館の向かいにある、道の駅みたら室蘭に入った。暑いからね、やっぱり食べるソフトクリーム。

f:id:rabitn:20170723135234j:image

白鳥大橋

 f:id:rabitn:20170723135433j:image

海と大黒島!(大黒島もエッセイに出てくる)

f:id:rabitn:20170723135609j:image

水道がかわいい。クジラもあったよ

 

さっき降りたバス停から、今度は地球岬を目指す。行きのバスとは基本的に逆周りになるんだけど、経由が2パターンあって、行きとは違う「祝津町経由」のバスだった。絵鞆を過ぎて祝津のあたりで円形の校舎が見えて、慌ててグーグルマップを起動したらやはり旧絵鞆小学校みたい!!正面からじゃなくて裏側から見てるようだけど、降りなくてもバスから見える、すごい、満足。

f:id:rabitn:20170723140524j:image

雑だけど、バスの進路はこう。マップ上に小学校名は入ってないけど、円形校舎は分かるね。

 

で、バスは終点の地球岬団地へ。バス停降りたらめちゃくちゃ坂。ガイドブックで徒歩20分って書いてあるけど、この坂かあ〜。しかもたぶん30℃超えてる〜。まあ水買ってあるし大丈夫だろ〜。観光バスとレンタカーに何度も追い越され、徒歩の人はすれ違った大学生くらいの男子しかおらず。ちょっとめげそう。

f:id:rabitn:20170723153409j:image

もうちょっとのところ。

f:id:rabitn:20170723154032j:image

いよいよ。

f:id:rabitn:20170723153534j:image

めちゃくちゃ登ってきたー!ここで振り向くと

f:id:rabitn:20170723153605j:image

これ!!

f:id:rabitn:20170723153647j:image

海、めちゃくちゃ澄んでる!!

函館の立待岬は、そんな気持ちは無くとも吸い込まれそうでちょっと危ないなとも思ったのだけど、ここは落ちても生きて帰れそうなポジティブな感じのする岬。そのポジティブさで飛ぼうという気すら起きなさそう。岬にもいろいろあるんだな。

f:id:rabitn:20170723153906j:image

こんな小道もあって、「波はージェットコースター♫」って歌いそうになった。空も海もこれが夏だろって感じの爽快な青。ここにいるわたしの存在が嘘みたい

 

で。またテクテク坂を下り、バスを待ち、バス車内の冷房で涼しいってありがたいと感謝して

f:id:rabitn:20170723154447j:image

母恋駅前で下車。ここが駅(写真が見づらい)

f:id:rabitn:20170723154515j:image

母恋って青春18きっぷのポスターになってるんだね。

母恋からJRで東室蘭まで戻り。

f:id:rabitn:20170723154643j:image

やきとり&ビールでこの日は終了。やきとりおいしい!めちゃくちゃビールが進む!!