恋も愛も憧れも、全部

TEAM NACSファンです。いろんな扉をバーン!してます。

PARAMUSHIRが楽しみすぎて

TEAM NACS第16回公演「PARAMUSHIR〜信じ続けた士魂の旗を掲げて」

いよいよファンクラブ先行抽選が始まりますね。

当たるんだろうかという不安はあるものの、それは考えても悲しくなるだけで前向きなものは生まれないから放っておいて。NACSを好きな気持ちを毎日貯めてます。金は積まず徳を積む。でも、当てるのにどういう徳がいいのか分からないから好き、好きって気持ちが徳だと思うことにしてる。笑

観たい人、みんなに当たれ。私にも当たれ。

 

子NACSみなさんそうだと思うんですけど、めちゃくちゃ、めちゃくちゃ楽しみなんですよねえ、PARAMUSHIR。昨年のジャンボリーで告知があった時も嬉しかったんですけど、ⅩⅩライブビューイングで公演タイトルが出たときのぞくぞくした感じが忘れられません。「R」が付くこと、「続けた」が入っていること*1、嬉しくてでも同じくらい苦しい、いろんな気持ちが混ざったぞくぞく。生みだすのに煩悶としたり、ぶつかってダメージを受けたり、そんな山にまた挑むのか。こんなことを思うのは失礼なのかもしれないけど、無理しなくていいよ、ファンが待っているとか考えなくてもいいよ、っていう気持ちもあって。でも、それでも観たいんです。森崎さんがカーテンコールで最後に出ていくのを観たい*2

 

私、初本公演がWARRIORなので、森崎さん演出は生で観るの2度目になる予定です。何でも初めてのとき感じたことって再現できない大事なものでしょ。でも、2度目のときに受ける感覚も比べがたいもので。1度目に受けた感覚はぼやってしてるけど、2度目はそれをなぞって輪郭がはっきりしてくる感じ。好きが強固になるし、言語化もできる。以前の本公演は映像で観ているものもあるからそれも合わせれば全然2度目じゃないんだけど、劇場で体感するのは2度目だから、今からその2度目を味わうなんてとてもドキドキしてます。

 

追記:10/15

engekisengen.com

月刊ローチケHMVにインタビュー載るんですね。WEB記事がアップされました。この内容を読んでいたら、もしかしたらリーダーの意図に合わないかもと感じたので、先に書いていた下の部分「続きを読む」で閉じますね。ここから題材が何の話か分かっちゃうこと書いています。

 

 

 

 

 

 

 

それと、PARAMUSHIR、舞台になる幌筵島のことを知ろうと思って、浅田次郎「終わらざる夏」を読み始めました。文庫で上中下巻のうち上巻を読み終わった時点だけど、この時点でもう読んでよかったーって思ってます。恥ずかしながら私、太平洋戦争の話知らないことが多すぎる。この地域のことも、兵役年齢のことも、部隊編成のことも。小説に出てくる事柄を知ると、今この題材をやる意味とか、リーダーがラジオでちらっと話したことが何なのかとか、私の中でこうなんじゃないって仮説がいくつも立ってきて、観たときにその答え合わせをするのも楽しみ。ただ、この小説は原作では無いからどんな脚本になるかは分からないけど、人によってはネタバレだーって思う人もいるかもしれないな、とは思いました。

 

よし。これだけ書いたから綴り覚えたよ、PARAMUSHIR。あと4ヶ月、楽しみPARAMUSHIR。

 

 

 

 

*1:森崎さん(脚本・)演出の作品はタイトルの終わりに「R」が、サブタイトルに「続けた」「続ける」が入っているのです。

*2:本公演のカテコの最後は脚本演出担当メンバー