恋も愛も憧れも、全部

TEAM NACSを起点に北海道のいろんな扉をバーンしていってます

森崎博之さんファンクラブツアー(うどんツアー) 5/13〜15

森崎博之さんのファンクラブツアー「森崎博之と行く絶叫ーッ!感動ーッ!四国ーッ!」に参加してきました。ツアー名長くてツアー中も言われておらず、今打ってみて、そんな正式名称だったなと。ネーミングした人、全然使わなくてごめんなさい。誰も彼も終始「うどんツアー」と言っていた2泊3日のツアーでは、その名の通りうどんばっかり食べておりました。

f:id:rabitn:20180523200718j:image

2日目に行った山越うどんの釜玉。瞬殺で食べた

オフィスキューのファンクラブツアーは最高に楽しいと、会報だったり会員更新特典のDVDで見たりしてたのですが、今回初参加でも、一人参加でも、めちゃくちゃに至上最高な3日間を過ごすことができました。愛と夢に満たされた世界だった……

 

ファンクラブツアーにご興味持っていただけましたら、ぜひご入会を。

ThankCUE入会のご案内 - オフィシャルファンクラブ ThankCUE | CREATIVE OFFICE CUE Official website

次の会報発送が6月、たぶん今回のレポは短期間すぎて載せられないと思うから、その次の9月ですかね、会報で写真などいろいろ掲載されるはず。で、この次の更新特典に映像が入ると予想されますので、今のうちにご入会いただいて1年後に更新すると更新DVDまで受け取れるのではないかと。年会費3,500円*1ですけど、すっっっごいコスパいいファンクラブだと思うのでぜひとも!わたし、他はジャニオタしか経験無いですけど、キューの会報初めて受け取ったとき「破格っっっ!」って衝撃でした。

 

ファンクラブのレポを待たずとも、オフィスキューには公式モバイルサイトがございまして、そちらで大変優秀なスタッフさんがツアー中の写真を大量に更新しております。超絶めろめろになるショットあり。もちろんリーダーが更新している写真もあるし、別途課金なしで見られる動画も!ぜひとも!*2

そうだそうだー!他には無い!!

 

ツアーの詳細は会報やモバイルサイトでぜひご覧いただきたいので、ふわっと雰囲気が伝わるようなことが書きたいと思ってます。ただほわほわと参加していたので、詳しい言動を多く覚えてないってのもある。でも流れていくTwitterと違って、ずっと検索されるブログで会員ツアーの内容をどこまで書いていいのか判断がつかず*3、わたしの感想、感情をつらつら長々と(5000字をオーバーしてます)、よろしければ読んでやってください。

 f:id:rabitn:20180523193933j:plain

1日目、めっちゃ雨……ここは繁多寺

 

NACSを好きになった瞬間から約6年、揺るがない子顔のつもりでいるので、今回のツアーが発表されたファンミ、会報でリーフレットが同封されていたときから感動しっぱなしでした。行く期待しか無かったのに1回目の抽選で外れてしまって絶望、でも追加で2班・3班を設定してくれたおかげで2班にて参加が叶いました。1班(5/11〜13)と入れ違いで2班(5/13〜15)、その翌週3班(5/19〜21)って激動のスケジュールを組んでくれたCUEのツアースタッフさんには感謝しかありません。旅行会社のご担当者さんもバタバタでしたよね、ありがとうございます。

 

ツアー全体で思ったのは、ファンと森崎さんの間に境界が無かったということ。舞台に立つ人だから物理的な境界が目にみえているのと、森崎さんに対して憧れの要素が強くて同じレイヤーにはいられないし届かないと思っていたのだけど、ツアー中びっくりするくらい気持ちが近く感じられました。嬉しくてありがたくて、しかも森崎さんは境界なんか無いとたぶんずっと思ってくれてて、こっちが勝手に線を引いてたのかもごめんねってとも思う。今まで好き好き言ってたくさん感情を受け取ってきたつもりだったけど、なにか足らなかったのかな、でも3日間集中的に愛してもらったおかげで気付いてよかった。

「お前たち、愛が重い」って言われて、確かにこんなこと考えちゃうんだから重いんだけど、ファンみんなと境界が無く向かい合うなんて、リーダーも重いんだからなって返してあげます。あとそうねー、対等でお互い様、Win-Winの関係ってことが明確であったことも幸せでした。リーダーが世界一幸せなら、その世界一奪ってやるって感じ?こっちだって負けないんだからねって。そういうのも度々思いました。

 

それと、前から幸せの最大値狙ってる人だなって思ってはいたけど、ツアー中は強烈にそれが出てました。博愛、平等、誠実、、、何か欠けちゃった方がいたら声を掛けてフォローする*4。そこまでみてるのってくらい細かなところまで配慮してる。めちゃくちゃ優しくて、自分が配慮の対象とならなくても光景を見てるだけで幸せな気持ち。森崎さんが登場するとき、「かっこいい」とか「可愛い」とか「フーーーーー!*5」とかいろんなことを言ったけど、頭の中で再生された回数一番は「すごい」でした。本当にすごい人を好きになってしまったんだな、と。すごい→頭ぽかーん。そんなぽかーんとしたタイミングで可愛いこと言うから、感情がとても振り回されました。

 

f:id:rabitn:20180523215330j:image

山越うどんの入口近くにあった掲示板に「和顔愛語」の文字。リーダーはどこでもついてくる

 

たくさん観光したけど、一番楽しかったのはいちご狩り。わたし、いちご生産日本一の街出身で親戚がいちご農家をしているので、小さい頃からいちご出荷の手伝いをしていたのです。ハウスに入った瞬間のいちごの香り、圧倒的ホーム感。同じ号車でお友だちになった方に前のめりで、いちごのもぎり方とか甘いいちごはこれって教えるとかだいぶはしゃぎました。ここで登場した農業タレント森崎さん、いちごについて語るのがわかるわかるの連続で嬉しかったです。もぎり方の実践が正解すぎるし、水耕栽培になってきてる理由も知ってるからこそ分かりやすく伝えてくれてありがたいって思ったし、いちごPRしてくれてほんと感謝です。とちおとめもよろしくね!ここが唯一自然光で撮影できたポイントだったんですが、めっちゃ良く撮れてる写真ばかりでリーダーはやっぱり太陽だなと思ったのでした。

f:id:rabitn:20180523215020j:image

真っ赤だったいちご

 

2日目夜のメインイベント、森崎リサイタル。リサイタル(自作曲歌う)の前にいろんなコンテンツがあったんですが、中でもリーダー論の講演を聞けて胸がいっぱいです。いつもぬぉぉぉーーーって叫んでる人が、静かにでも熱量のある声で語りかけるの、ずっと聞いてたい。いかにも仕事してますっていう森崎さんが大好きなので、いや叫ぶのも仕事だけどな、結構うっとりした気分で聞いてました。ちょこちょこ見かける、白地にゴシック文字の超シンプルなスライドも見られてよかったし、レーザーポインタをスクリーンに向けちゃって、あれっ?てなるプレゼンあるあるも見られたし、終いにはレーザーポインタ諦めて講演台に張り付いてPC操作しだすし、もちろん講演内容もなにもかも良かった講演でした。一つ後悔は、最初に接続がうまくいかなくてデスクトップ画面映ったらしいんですけど、そのとき操作してたスタッフTJさんを激写していてデスクトップ見られなかったこと……人のデスクトップ画面見るの好きなんで……(悪趣味)。

最後の最後にリサイタル。自作曲11曲のうち、8曲はメドレーで3曲をアコギの弾き語りで。弾き語りが大変に泣かされた……1曲目からぼろぼろだった……。カメラのバッテリーが貧弱で撮影諦めてずっと聴いてたのだけど、あれはちゃんと目に焼き付けてっていうお告げだったのかもしれない。音、声、歌詞、全身に染み渡って何年分ものパワーをいただきました。聴いてる間、ふと客観的になれた瞬間があって、ここに約240人いるけどそれぞれが森崎さんと1対1で関係してるんだなって感動してまた涙になって。どんな言葉を使っても尽くせないような、尊い時間でした。その後1人部屋に帰りたくなくて、コンビニの前でお話できた子にハグしてもらって、そういう時間も大切だった。あの時はありがとう。

 

3日目ラストイベントのツーショット写真撮影は、もう、もう本当に一生の宝物です。撮影ブースに入っていったら笑顔で待ってる人がいて、早く歩きたい走りたいって思うのに全然足が付いてかなくて、そのスローモーションの視界が今でも残ってる。2回撮るって言われて、1つめはポーズをオーダーしたのだけど、ぼやっとした伝え方だったからか「どうしよう」って声が耳元で聴こえて、いまいち決まらないまま撮られてしまって。そしたら、2つめポーズ変えてくるんですよ、後ろから腕回されてバックハグ……頭の中ギャーギャー言ってるわたし息してた?がんばって笑ってカメラだけ見つめる視界……パニック。この2枚目が現像されることになりました……。家に帰って夫に遺影にしたいって言ったら、返答に間があって「写真屋さん困るんじゃない?」って。それほどのくっつきすぎ距離。ため息。でも恥ずかしいくらいの笑顔で映っていて、ツーショット撮ってもらえるなら笑顔しかないって思っていたので、それが達成できてよかった。

ハグから解放された後、話しかけました。絶対言いたくて台詞みたいに覚えてきたことを。わたしにとってつらかったこと、それをがんばれたのはリーダーのおかげで、本当にありがとうって。つらかったことの単語を言ったとき、少し息を飲むように表情が歪んだのが、理解してくれてありがたくて今を忘れちゃだめだって強く思いました。こっちが言い終わるまで聴いてくれた森崎さんは「こちらはそんな……」ってお辞儀してくれて、また誠実さに触れてしまって嬉しいのと泣きたいのと恐縮な気持ちとでぐちゃぐちゃに。その後、何て声をかけてくれたのか覚えてないけど、優しく撫でてくれて握手もしてくれて胸がいっぱいになってブースを出たのでした。愛しかなかった。今考えると、顔を歪めさせてこころも痛めさせてしまったのかもって、申し訳なくて痛めたとしたら修復したいのだけど、もう何もできないんですかね。心残りというか、反省点です。

 

会場ホテルを後にしてバスで高松駅へ。出発前のバスで撮り終えたみんなを待つ空気がふわふわしてて、すごく心地よかった。幸せが増幅してゆく感じ。

高松駅が近づくころ、PARAMUSHIRのメインテーマ→幌筵島の唄が流れて、森崎さんからのメッセージもいただきました。メッセージでもうだいぶ泣いてたんだけど、曲のクライマックスで小宮少尉が歌い出して嗚咽号泣です……。いつも笑って帰ってもらいたいっていう、わたしの一番好きなリーダーここできた。このタイミングは無理、全然笑えなくてごめん。また会おうって言ってくれるけど、その「また」は奇跡なんだよね。だから笑わせたいし、「必ず」会いたいって言うし。優しさ……たまらなく好きです……。

 

ぐずぐずが止まったころ、高松駅着。一旦解散して自由行動になりうどんを食べに行きました。

f:id:rabitn:20180524000453j:image

すごいボリュームだった、綿谷というお店の肉ぶっかけ

 

計5食もうどん食べたけど、もっと食べたいしまだ行ってない観光地あるし、思い出を旅するうどんツアー同窓会みたいなのができたらいいな。

 

最後に、ツアーをきっかけに子顔沼に堕ちていった方へ。この沼は深いし、きっともう抜け出せないです。たぶんね、沼に入っちゃった人にリーダーが大人な顔して足かせはめていってるんだと思う。こちらは成されるがまま、それをうっとり見つめるだけなのですよ。つらい。そして守る人かと思いきや、本質は狩りの人なんだと思う。お前たちみんな好きだーって言いながら他のファンの子たちをどんどん狩りに行っちゃって、子顔、結構ほっとかれてる気がする。つらいw まあ、博愛主義者だからね、仕方ない。っていう沼へようこそ。ゆっくりお茶でも飲みながら、リーダー帰ってくるの待ちましょうね*6。ふふふ。

 

 

 

*1:入会金に500円かかります。ローソンのロッピーで手続き可。ハードル低い!

*2:2017年リーダーは200枚強の画像をアップしてて、どれもモバイルでしか見られない写真とかなんてプレミアム!わたし、年間3,888円を6年弱バシッとお支払い中!

*3:以前、好きなブロガーさんが会員向けのイベントレポについて言及されてて、確かに、特典の一種であることを認識していなければな、と考えるようになりました。あと、それにはあんまり関係ないかもだけど、そろそろリーダーのお子さんがネット検索とかし始めるんだろうなと思うと、読んでショックに取れる表現は控えようと最近はそんな心境。

*4:後ろの方で見えなかった人たちにごめんねって言って退場していくとか

*5:みんなで言って昭和の盛り上げ方とツッコまれたのが良い思い出

*6:3日間愛された女の強み