恋も愛も憧れも、全部

TEAM NACSを起点に北海道のいろんな扉をバーンしていってます

2018-08-31

8月が終わり。ジャンボリーも終わってから1ヶ月経ってしまった。経ってしまったのはそうなのだが、わたしの感覚としてはまだ1ヶ月しか経ってないのか、が正しい。長い1ヶ月だった。そのくせ長い間、何にもできない1ヶ月だった。ジャンボリーのこと、終わって1週間ほどの間にぽちぽちとメモ打ってたのに結局まとめられなくて下書きのまま入ってるし。毎日、毎日、余力が無い。

 

うどんツアーの前に妊娠がわかり、4年ちょっと続けてきた不妊治療に区切りがついた。ほっとして、最近になってやっと、この期間、特に後半2年間が辛かったなと声に出して言うことができた(辛くて疲れたけどこのままだと忘れてしまうので何かに書き留めておきたい。そのためにも余力がほしい)。今も妊娠は継続できていて、安定期にも入れた。

いやいや、この安定期、どうして安定と言うのか。わたしの体も心も全然安定しない。思ってたのと違う。もっと動けて気分は明るく過ごせてると思ってたのに。(以下愚痴です。)

体が「暑い→だるい→眠いor眠れない」の延々サイクル。猛暑が憎い。妊婦は血液量が多くなるらしく、動けばただでさえ動悸がして疲れやすいっていうのに、35℃以上の暑さがガンガン攻めてきて仕事終わりには毎日虚無の目。この夏の暑さに何度キレそうになったか。常に体がだるくて重い(お腹はまだ重くないのに)眠い、でもいざ寝ようとすると寝付けないし、寝てても夜中に目を覚ましちゃうし。寝不足だと余計に暑さが堪える。涼しい北海道に行きたいとぶつぶつつぶやくことに。今日8/31をもって猛暑日はご遠慮いただきたい。地球様、何卒よろしくお願いします。

こんな感じで体調がぐったりなので、メンタルがそりゃいいわけもなく。妊娠と出産に関するありとあらゆることにどうしようと不安になる。ほんと、今考えても何も対策しようがないことにまで心配になる。全く効率的ではない。ああーこういうときは何も考えずにハナタレのDVDで笑って気分転換すればいいのな、と思うのにレコーダーのリモコンを手にするのも億劫。結局、スマホを虚無の目でスクロールしてしまって、またネガティブな情報を見ることになってしまう……これもまたサイクル。ここまで振り返ってみて、やっぱり夏が暑かったことがやばかったってことだな。

 

早く涼しくなって、ジャンボリーのことちゃんと思い出して大切に閉まっておきたい。これから現場をお休みしてお茶の間のファン(道外在住子顔だとお茶の間ファンは供給量&質が格段に違うのだな……)にならなきゃいけないから、ちゃんと区切りたい。楽しかったことも寂しいって思うこともちゃんと箱に入れたい。それができたら、辛い辛いっていうときに取り出してちょっとしたご褒美感味わえる気がする。

 

 

ジャンボリー中に「写ルンです」で撮影してた写真が思いのほかよくて、これも将来の元気出すアイテムになりそう。

f:id:rabitn:20180814160819j:plain

赤レンガテラスを吹き抜ける風を思い出す

f:id:rabitn:20180814160827j:image

目に入るもの多彩な大通公園


f:id:rabitn:20180814160814j:image

午前中のすすきの、日差しが強いので人手がまばら


f:id:rabitn:20180814160823j:image

次に札幌来るとき、まだこの車両走ってるかな


f:id:rabitn:20180814160839j:image

さよなら、またね、新千歳空港

 

ついこの間の風景なのに、90年代の感じがすごくする。「写ルンです」なだけなのにね。NACSの昔の写真をバラエティ番組とかで度々見ることがあるけど、写真の風景はそれと同じように見えて、あの頃彼らの視界に入ったものもわたしが見たものとそんなに変わらなくて(建物とかお店の看板とかはさすがに変わってるけど)、ちゃんと時間が続いているんだなって思う。

だから、これからも続くんだなってことに安心する。わたしの環境が変わっても、地続きの未来は変わらないんだよね。