恋も愛も憧れも、全部

TEAM NACSを起点に北海道のいろんな扉をバーンしていってます

2018-11-22

産休に入って2週間が経った。労基法的には今日からが産前休暇で昨日までは有給消化になってる。この2週間でお腹がますます大きくなった。どうやら白菜丸1個分がお腹に入ってるらしく、最近はスーパーの野菜売り場に行くたびに白菜に目がいって「あれが中に……まじか……」と気持ちまで重くなっている。ちょっと動くだけで息苦しくて、歩くと度々恥骨が痛む。法定通りの産休にしていたら、毎日ほんとうにしんどかっただろうなっていうのと、この時期まで働いてる妊婦さんは崇拝の対象ではないか、くらい思える。

 

夏以降、働いている間は仕事だけで結構くたくたになってしまっていたので、産休に入ったら子どもを迎える準備のほかに、録画したままのドラマ、積んでる本・Blu-rayAmazonプライム・ビデオの海外ドラマなど、消化できるだけ見まくろうと思っていたのに、この2週間特に何も進んでいない。早ければ1ヶ月後にはお腹の人と対面しなければならないのに、逆に積んでる量が増えていることに。仕事なら計画的に進められるのに生活になるとぐうたらすぎる性格に嫌気がさす。せめて、出産準備だけはちゃんとしなければ。せめてせめて、PARAMUSHIRだけは本編も特典映像もみておかなければ。。。

 

こんな、いろいろやってないと焦る気持ちと頻繁にやってくる出産への不安(主に痛いことについての)。ベースにあるのはネガティブな気持ちだけど、突発的に盛り上がる赤ちゃん絶対にかわいい!という早めの親バカっぽいポジティブな気持ち。どこかしら感情の波を客観的にみながら、あーまた今日も一日終わってしまった、と大相撲中継を見ながら思うわたし。

 

今日もまた眠くてうとうとしてたので、眠気覚ましに書いてみた。明日は勤労感謝の日、仕事や家事で働いてるみなさんお疲れ様です。わたしもちゃんと働きます。